パソコン肩

患者 女性・29歳・OL   主訴 肩こり・頭痛

問診:パソコンに向かう時間が異常に長い 10~12時間

姿勢チェック:肩甲骨が外側へ移動している・首が前方へ出て、その分胸椎(胸から首までの背骨)が後へ飛び出している。(猫背と言われる状態)

施術:肩凝りに対して⇒肩甲骨と上腕を繋ぐ筋肉(大円筋小円筋)、肩甲骨と肋骨を繋ぐ筋肉(小胸筋)、及び僧帽筋へ筋緩和操作(ポジショナルリリース)・鎖骨の骨格矯正 (肩凝りの仕組み参照

    頭痛に対して ⇒首と肩甲骨を繋ぐ筋肉(肩甲挙筋)、背中の筋肉(脊柱起立筋群)、腹部の筋肉(大腰筋)、頭の付け根の筋肉(後頭下筋群)へ筋緩和操作(ポジショナルリリース)

原因:パソコンを使う時の姿勢。

所見:いわゆるパソコン肩は、パソコンを使う時の姿勢に問題があります。大抵の人は、キーボードと自分の間に資料を置いて、遠くでキーボード操作をします。この時、大円筋は、「引き伸ばされながら、力を入れて縮める」と言う 相反する動作を同時に熟(こな)さなければなりません。この状態を10時間も続ければ、異常が出ない訳はありません。

また、この姿勢で仕事に夢中になると段々画面に顔を近づけて、画面を覗き込む姿勢となります。これにより、後頭下筋群にも異常が出ます。そしてこの姿勢が頭痛の原因となります。

後頭下筋群2.JPG肩の筋.jpg

当院ご案内 JR松本駅から東へ

地図をクリックすると詳しい道順が表示されます

院内写真

足立整体院

住所

長野県松本市中央3-1-19

電話番号

0263-32-3798

営業時間

10:00~13:00 15:00~19:00

受付最終18:00

定休日

木曜日(全休)
金曜日(午前の部定休)

その他の臨時休業は、お知らせ欄をご覧下さい。

土・日・祝日は休まず営業しております。

 

予約上のご注意

予約優先(当日予約可)となっております。

お一人一時間以上かかる場合が多いので、重なりますと2・3時間待ちの可能性もございます。ご予約の上、お越しいただくことをお勧めいたします。

足立整体院ブログ お客様の声 足立整体院QRコード

最新の記事